のぼり事情通サイト

のぼりは日本でも古く戦国時代から使われています。

rainbow

のぼり誕生から現代ののぼりまで

のぼりというのは、多くの人もご存知の通り、宣伝や告知をするために屋外で使用される広告物の一つです。

竿に通された布が風にはためいているのを見たことがある人も多いでしょう。

のぼりは日本でも古くから利用されていて、戦国時代は武将の存在を指し示すために用いていたそうで流れ旗と呼ばれていました。

その後、流れ旗では家紋による敵味方の判断がつきにくいことから流れ旗とは区別をつける様に竿への取り付け方を変えた幟ができました。

武家の間にどんどんと広まっていき、管理がしやすいこともあり、広く利用される様になっていきました。

現代ののぼりといえば、主に広告の素材として用いられ、多くは台座を用いて無人の管理となっているものがほとんどです。

一般的には、布に取り付けてあるチチを竿に結んで固定して使用するもので、大きさや比率などは自由です。

布においては、天気などに影響されにくい合成繊維が用いられる様になりました。

今使用されているのぼりというのは、大相撲場所の会場や歌舞伎劇場の入口など、神社、選挙運動、デモ活動、スーパーや商店•レストランなどで使用されています。

★Check!>>(URL:http://www.nobori-u.com/

デジタルが主流となっている現代社会ですが、古くから活用されているのぼりはいまもなおその効果があなどれません。

日本の伝統を守り続けるシーン、コストパフォーマンスが要求されるシーンなど様々なシーンで便利に利用されています。